自動車に関する知識を蓄える日々

|

高校を卒業した昭和39年。
私は、東洋工業株式会社(現マツダ株式会社)に入社しました。

配属されたのは、ロータリーエンジン設計課。高卒で配属されたのは3人でした。

エンジン設計というのは、自動車メーカーの技術者にとっては花形部門です。その中でもロータリーエンジンの設計課というのは花形中の花形でした。

ロータリーエンジン設計課は、主に東大、京大、九大卒という 技術のエリート集団で構成されていました。会社からすれば、その中での高卒者の位置づけは、エリート技術者たちのお手伝い役だったのかもしれません。

多くの技術を教えてもらったものの、そのほとんどは既に私が知っていることでした。

小学生の頃から父の隣でバイクを見つめ、暇があればバイクいじりをしてきた私は、エンジンや機械の構造に対する知識を、身体を通して身につけていたのかもしれません。

ロータリーエンジン設計課は、試行錯誤の続く研究の場所でした。設計のプロとして、常に新しい構造や技術を学んでいかねばなりません。

月刊誌の「モーターファン」と「自動車工学」を毎月1ページももらさず読み込み、他にも車に関するたくさんの本を読み、自動車に関する知識を蓄えました。

特許の申請が20件を超えた頃、一人の技術者として認められはじめ、会社からの評価も、「技術エリートの手伝い役」という位置づけではなくなりました。私は入社してからの4年間で、自動車の仕事に対して生涯の自信を身に付ける事ができました。

そんな時、起業のために退職が決まっている先輩から、「手伝わないか」と誘われました。

「これまで蓄えてきた知識が実務に活かせる。」そう思った私は退職を決意したのでした。
22歳の時でした。

#