晩秋の美しさを感じてみませんか

|

風をまとって揺れるようなアウターから、
肌を包み込む、ぬくもりを感じるコートへと
街歩く人の装いも変わってきましたね。

今週のお花は、

先々週と同じく、飛騨高山の菊「トムピアーズ」を使っています。
同じ菊でも、可憐でかわいらしい印象だった先々週とは違って
凛とした美しさがあります。
ちらりと覗く深い赤色が、漆のよう。

コントラストといえば、グレーデビアも葉の表と裏で全く色が異なります。
深い茶色をした葉の裏は、ベルベットのような質感もあります。

「サラリサンセット」というリュウカレンカランド、アカシア。



木の実のように見える花をたくさんつけた、キリ。
粉をまとったつぼみは開くと可憐で、淡い紫色の花びらしているのだそうです。
(このシーズンに切り花にすると花は開かないようです。残念)

もうすぐ12月。寒い冬がやってきます。

その前に、寂しくも美しい晩秋を
当店ショールームで感じてみませんか。

COLUMN

#