ちょっと厚手のアウターを着て

|

これまでパーカーやカーディガンを着て
外出しても寒さを感じることはありませんでしたが、
最近の朝晩の冷え込みには耐えられず、
厚手のアウターを引っ張り出しました。
日中はまだ暖かいんですけどね。

さて、昨日の続きです。

今回、活けているお花は、いろいろ面白いので
続編とさせていただきました。

注目してもらいたいのは、ドウダンツツジです。
緑色のものは比較的目にすることが多いと思いますが、
紅葉したドウダンツツジは珍しくないですか?

実は、こうした「枝物」と呼ばれる植物の多くは
山林で育てられているそうで、生産のなり手が少ない、
跡を継ぐ者がいない、という問題を抱えているのだそうです。

そのため、あまり紅葉したドウダンツツジは市場に出回ってなくて
当店のものはシャムロックさんが、仲卸業者さんに直接お願いして
わざわざ山に取りに行ってもらったものなのだそう。
素晴らしい枝ぶりなので、ぜひ見てもらいたいです。

※ちなみにシャムロックさんは、当店ショールームの花を
毎週活けてくださっている花屋さんです。

まっすぐに伸びた力強いブルーベリーと
優雅に垂れ下がり、風に揺らぐアスパラペラの対比も面白いですよ。


額縁のように添えられたモンステラ。
こちらも大ぶりですが、ケイトウやダリアにインパクトがあるので
お互いが引き立てあっています。

それから、家具類も変わりました。
こちらについては、また次回ご紹介しますね。

COLUMN

#