日増しに秋も深まってきましたね。

|

小道を歩けば、どこからともなく
キンモクセイの花の香りが漂ってきます。
キンモクセイが香るようになると
秋が来たな~、としみじみ感じます。

さて、今週のお花ですが・・・・
秋を感じるシックな配色がポイントです。


シュッと上に伸びた緑は、ニューサイランです。
ときどき民家のお庭に植えられているのを見かけますが、
ここまで立派なのは売り花でないと、なかなかお目にかかれないとのこと。
私はこういったシャープな緑を見ると、
中世ヨーロッパの騎士が持つ剣みたいだといつも思います。

濃紺の実がたくさんついているのは、ティナスという植物。
ガマズミとも呼ばれています。
白い花が咲いた後、実がついて、秋になると色づくようです。

黄色い花は、モカラという蘭になります。

蘭は暑さに強いといわれており、日持ちのする花です。
このモカラは、赤、オレンジ、白と、いろんな色があります。
タイから入っているものが多く、この黄色いモカラも海を渡ってきたものです。
暑さには強いですが、寒さには弱く
クーラーの風に直接あたり続けると
ひょろっと首が下がってしまうことも。
弱った蘭は切り返しをしてあげて、
ぷかぷか浮かぶぐらいたっぷりの水に入れてあげると
復活するものもあります。
(個体差があるのですべてが復活するとは限りません)

最後に花器ですが、これは、石膏と繊維でできたもの。

見た目はどっしりと重厚な感じですが、女性が持てる程度の軽さです。
脚は取り外し可能。脚が付いていると、空気感が増して軽やか。

観葉植物の鉢カバーとして使っても素敵ですね。

COLUMN

#