ショールームのお花について

|

台風の影響からか、ムシムシ、グズグズした気候が続いていますね。
1日も早く、カラっと、すがすがしい秋の空気を感じたいものです。

さて、今週もお花が変わりました。
高原を歩いていると出会いそうな
小花を主役にしたアレンジメントです。

まず目を引くのは三角アカシア。
その名の通り、葉っぱが三角形なのが特徴です。

ボリュームを作り出しているのが
スターチス。白いのがキノプラン。

小さい青い花のスターチスは、ブルーウェイブです。

丸い実が付いたような植物はシンホリカリホス。
淡いピンク色をしている珍しい国産のものです。

最近のブーケは、定番のユリやバラを合わせず、
ユーカリなどのグリーンと合わせて、甘くなりすぎない
ナチュラルで、少し枯れたような雰囲気をあえて出すのが
人気なのだそうです。
それはブライダルでも同じで、特に30代以上の
大人のブライダルでは枯れ色コーデが増えてきているそうです。

それから今月のアンティーク家具は
アメリカからやってきたトランクです。

ずっしり、しっかりとしたとても印象的なトランク。
1940年代のものらしいですが、中に何を入れて運んでいたのやら。
また、トランクの上に乗っているのは
ジンジャーエールを入れて運んでいた木の箱です。

これは1920年代に使われていたもの。
経年劣化が味わい深いものにしてくれていますね。

COLUMN

#