秋らしいお花がショールームを飾っています

|

朝晩の急な冷え込みで
体調を崩してしまったなんてことはないですか?
温かいものを食べたり、あったかいお風呂に入ったり
お体ご自愛くださいませ。

さて、当店のショールームのお花について。
また素敵なお花に変わりました。
シャムロックさんのおクルマです。


メインは、アンティークアジサイです。
最近よく目にする、という方は
とても植物がお好きな方かも。
この1カ月程度しか市場に出回らない
結構貴重なアジサイです。
前回も季節外れのアジサイを紹介しましたが
そちらは輸入物。今回は国産です。
アジサイシーズンの7月に剪定せず、
秋まで置いておくことで、色の深みが増していくのだそう。
この季節になってから切って出荷することで、
首からうなだれることなく、
このままドライフラワーとなって楽しむことができるそうです。
秋色アジサイともいわれるんですって。とてもシックで素敵ですよね。

また、ユーカリは丸い葉のものと細長い葉のものと2種類。


殺菌効果に優れているらしく
声を大事にされている方は、マスクに
ユーカリオイルを吹きかけて利用されているとか。
ちなみに活けてあるこの種類は、コアラの食事には適さないものらしいです。
コアラの主食のユーカリ。実はコアラとユーカリはひそかに戦っているのだそう。
ユーカリは全滅を防ぐために、コアラに有害な毒素を作り
コアラはそれに負けないように体を進化させているんですって。
面白いですね。

後は、印象的な形のナタマメ、華道でも使われるユキヤナギの“ソメ”。
ユキヤナギの紅葉したような色は、人工的に染めたものと聞いて驚きました。


続いて花器について。
この花器は神戸にお店を構える「ステム」さんのもの。
アフリカンテイストの雑貨も扱うお店のようで
民族的な独特のデザインを参考に
器づくりをされているそうです。
この白い花器、一見すると木を彫ったようにも見えますが
セラミックでできています。

それから、ぽってりしてかわいらしい鳥は
インドネシアからやってきました。鉄製のオブジェです。

新しい秋の訪れを感じてもらえたら嬉しいです。

COLUMN

#