フリードユーザー:kokoの正直ブログ…19

|

こんにちは。kokoです。
11月10日、11日と熊本県の人吉市に行ってきました。

新幹線と在来線で人吉に向かって現地でレンタカーをする、という流れだったのですが、
まず事前にチケットを取っていなかったので(一人だし何とかなるだろうと思っていた)
熊本から人吉を結ぶ、観光列車「特急かわせみやませみ号」に乗れませんでした・・・。
そのため乗り継ぎがうまくいかず、朝から出かけたのに、
新幹線で熊本まで行き、そこから在来線に乗り換え八代駅へ。
八代駅周辺で1時間ほど時間をつぶして
JR肥薩線(本数が少ないのに1車両だったことに驚き!)
に乗り、コトコトと揺られて1時間14分。
14時すぎに人吉駅に到着しました。

思った以上に移動に時間がかかり大変でしたが、
天候に恵まれ、列車から眺めた球磨川はとても美しかったです。

人吉駅からはレンタカーを借りて移動。
人吉は温泉で知られる町。
今は人気マンガの映画ロケ地として巡礼者が多く訪れているのだとか。
私は用事がありましたので、夕方になってやっと温泉につかりました。
夜になり、帰りの切符を調べてみると
「混雑」しているとわかり、慌てて福岡に到着する高速バスを予約。
宮崎と福岡を結ぶ高速バスのためか(野球のキャンプの影響?)
13時以降の便はすでに満席。滞在時間が短くなることが判明したため、
朝から動けるよう、その夜は、電車で寝ていたにも関わらず、早々に就寝しました。

次の日は早起きをして、あさぎり町へ。
そこで、人吉名物の雲海(霧)の洗礼を受けました。
山へ登るほどに濃くなる霧。

ちなみに靄(もや)と霧(きり)の違いですが、
どちらも水蒸気であることには変わりないのですが
靄は、視程1キロ以上で遠くまで見通せる状態で、
霧は、視程1キロ未満で遠くまで見通せない状態です。

霧の中走るのは、慣れていないと大変だな―と思いました。
霧の中を走るときは、
よく見えないからといってハイビームで走らないこと。
ヘッドライトの灯りが霧に乱反射して、かえって視界が悪くなるからです。
ロービームで車間距離をしっかりとって安全運転をしましょう。
濃霧の場合は、無理をせず、運転を控えるためにパーキングなどで休憩を。
路肩とかは危険ですから、ちゃんと駐車場に停めましょうね。

話は人吉旅に戻りますが、
くま川鉄道の幸福駅、
宮崎駿の映画のモデルになったとも言われる雨宮神社(ト〇ロの森)
など行きましたが、どこもとても気持ちのいいところでした。
最後に国宝の青井阿蘇神社に立ち寄りましたが、
ご神木が立派でとても素晴らしかったです。
(七五三のご家族がたくさんいらっしゃいました)

街の生活と比べると
ちょっとした不便さもありますが、
それが楽しい!と思える人吉旅でした。

#