フリードユーザー:kokoの正直ブログ…18

|

ドライブレコーダーについて続編です。

私がドライブレコーダーを取り付けたのは2年ぐらい前のことになります。
当時は、ドライブレコーダーは「走っているときに撮影できるもの」
ぐらいしか知識がありませんでした。
ところが、おすすめしていただいたドライブレコーダーは
「駐車時も撮影を続けるので盗難防止になりますよ」とのこと。
当たり前の機能なのかもしれませんが、
知らなかった私にとって、素敵なおまけがついてきたようなものでした。

あれから2年。
ドライブレコーダーが年間ヒット商品に選ばれるようになった今、
よくよく調べてみると、「リア用」なるものがあるんですね~。

リア用 GPS付<取付アタッチメント含む>↑

私は、ドライブレコーダーをフロント(走る方向・前方)に取り付けています。
リア用とはバックモニターのように後方を撮影するためのカメラ。
コーシン自動車の営業さんにお話を聞いてみると、
「最近はフロントとリアと、セットでつけることが主流になっています」とのこと。

なるほど、「それであおり運転の抑止になるのか」
と改めて気が付いたのでした。
Hondaでも、純正アクセサリーとしてドライブレコーダーのリア用が販売されており、
オプションで、駐車録画(衝撃検知)モードをプラスする追加キットもありました。


• *1 バッテリー上がりを防ぐため、バッテリーの状態などに応じて正常に録画されない場合があります。
• *2 衝撃を検知すると、約2秒後から約30秒間(約1分間/約15秒間に変更可)の動画を最大20件まで記録します。
• ※イラストは説明のためのイメージです。
(Hondaのホームページより:https://www.honda.co.jp/ACCESS/driverecorder/)

個人的には、早くリア用を取り付けないと、とは考えていませんが、
いざという時に、広範囲を録画できることは助かるな~と感じています。

#