フリードユーザー:kokoの正直ブログ…14

|

昨日は、冬用タイヤについて書かせていただきました。

雪が降ったらクルマを運転しないので冬用タイヤは持っていないと
書きましたが、冬用タイヤを持っていたこともあります。

ちゃんと冬になったら履きかえていました。
買って、履きかえたら、今度は使ってみたいのが心情というもの(私だけ?)
雪が降るのを心待ちにするほどでした。

しかし、しかし。
雪道の運転は慣れていないとドキドキするものですねえ。
たまたまですが、大雪のときに運転することになってしまい
坂道が登れず、ワタワタ。タイヤチェーンも持っていないし、、、、

それから、もう「運転しない」と思ったのです。

雪が降るのが当たり前の山間部の方々は、本当に雪とのお付き合いが上手です。
まず、タイヤを履きかえるタイミングが違います。
あまり雪慣れしていない瀬戸内エリアの方は、
「雪が降ってから」ぐらいに思っているかもしれませんが、山間部の方々は
衣替えのように、雪のシーズンが到来する前に履きかえます。
「冬用タイヤも性能は上がっているし、せっかく買っているんだし、
 (ゴムは、夏用タイヤと同様に経年劣化します)
 春が来るまでしっかり履いた方が安心」という考えです。
繁忙期に履きかえると待たされますしね。

もうすぐ冬です。通勤でクルマを運転されるみなさん。
今年は、早め、早めにタイヤ交換を済ませておきませんか。
タイヤチェーンも携帯すると安心ですよ。

#