フリードユーザー:kokoの正直ブログ・・・7

|

こんにちは。kokoです。

秋雨前線がやってきて、ぐずぐずした天気が続いていますね。

ときどき晴れるのがうれしいな、と思っています。

 

話は変わりますが、

この間、Honda Cars広島東でフリードを購入されたお客さんと

お話しするタイミングがありました。

お仲間ですね~、という気持ちで少し車内を見せていただきました。

私は、7人乗りなので6人乗りのフリードでしたのでちょっと新鮮。

 

小さなお子さまが乗りやすく、目が届きやすいことから6人乗りを選らばれたようです。

たしかに、椅子の間に通路があると、車内の移動が楽チンですよね。

私は子どもがいないので、子どもを基準に選ぶことがないので

(ちなみに私が7人乗りにしたのは、ペットのため)私にはなかった感覚です。

 

そのときふと思ったのが、

「チャイルドシートはどうやって固定するの?」という素朴な疑問。

自分は使ったことのない年代だし、

チャイルドシートとの接点がこれまでなかったんです。

 

そこで、Hondaの純正のチャイルドシートを調べてみました。

ちゃんとあるんですね。知りませんでした。

 

前向き装着

純正のいいところは、脱着が女性の力でもラクラク、カンタン。

新安全基準「UN-R129」に適合したチャイルドシートです。

UN-R129とは、

・従来の前面衝突・後面衝突試験に加え、側面衝突試験を導入し安全性を確認。

・適切なチャイルドシートをわかりやすく選べるように使用期間の表記を「身長・月齢およびチャイルドシートとお子様の全体重量※」に変更。

・衝突時の身体の負担を軽減するため、身長71㎝未満かつ月齢15ヶ月未満までは後ろ向きでの使用が義務付けられます。

後ろ向き装着

とのこと。これまたこんな基準があるとは知りませんでした。

https://www.honda.co.jp/childseat/

 

小さなお子さまの命を守ることを考えたら、しっかりしたものを選びたいですよね。

また、クルマに乗っている人だけでなく、他車の乗員、さらには歩行者も含めた、すべての人の安全を考えるHondaの「共存安全思想」にも共感。

 

安全対策は、して、しすぎることはありませんよね。

チャイルドシートはお子さんの命を守る大切なもの。

私は、安全で確かなものを選んで使いたいな、と思いました。

 

COLUMN

#