セーフティドライブガイド・・・4

|

カーブの運転方法について

 

これから涼しくなると、紅葉狩りやフルーツ狩りなど

家族や友人とドライブするのに最適な季節になりますね。

 

街中での運転には慣れていても、

カーブの続く山道になると、途端に難しいな、と感じることはありませんか。

 

思ったよりもカーブがきつくてセンターラインをはみ出しそうになった

カーブに差し掛かったら前の車が急ブレーキをかけるのでぶつかりそうになる

など、見通しが悪いカーブ続く山道はとても運転がしにくいものですよね。

 

よくよくご存知だとは思いますが、改めて

山道のカーブを安全に走るための基礎的な運転方法をご紹介します。

 

■カーブでの安全運転のポイント

①カーブの手前で十分速度を落とす

②カーブ内では、できる限り急なブレーキ操作はしない

③カーブでは、常に対向車を意識し、追い越しはしない

④カーブ内では、原則として一定の速度で走る

  

④の補足として

常にカーブでアクセルを踏み続ける(コーナリングホース:グリップ力)とスリップすることがありません。逆に、アクセルとブレーキをバタバタ踏みかえているとスリップする可能性がありますので注意してくださいね。

 

これは、お互いさまの精神がないとできないこと。

一秒を争ってもあまりトクすることはないですよね。

無謀な運転をすることなく、たのしく、安全に

ドライブを楽しみましょう♪

 

 

※参考 本田技研工業株式会社 安全運転管理者協会 発行/Honda セーフティドライビングガイド

 

 

COLUMN

#