燃料電池自動車(Fuel Cell Vehicle, FCV)とは

SUVだ、なんだかんだと

クルマの種類やグレード、車種など

英語の頭文字をとったようなものが多すぎて混乱していませんか。

 

前回、クルマの種類で紹介した燃料電池自動車も「FCV」といい

これまた英語の頭文字をとった名称です。

 

わかりにくなーーーーということで、

少しだけですが、FCVについて紹介します。

 

FCVは、Fuel Cell VehicleFuel = 燃料 Cell = 電池 Vehicle = 自動車)の頭文字からなっており、

燃料電池内に酸素と水素を取り込んで化学反応させ、発電した電気を使ってモーターを回す構造をしています。

 

Hondaは、地球温暖化などの課題解決策として、いち早く水素に着目。水しか出さないFCVを究極の環境車と位置づけ、1980年代後半から積極的に研究開発を行ってきました。

製品としては、20163月より燃料電池自動車:CLARITY FUEL CELL(クラリティ フューエル セル)のリース販売を開始しています。

普及という意味では、まだまだこれからです。

水素を補給できるステーションの充実、量産など、課題は山積ですが、

これからの社会に役立つ、スマートで快適な暮らしの一助になればと考えています。

FC EXPO 2018〜第14回[国際]水素・燃料電池展〜」でのHondaブースイメージ

https://www.honda.co.jp/news/2018/c180223.html

 

 

#