いまさら聞けない、クルマの種類

インターネットが普及した今、

知らないことは、ネットでさっと調べることが簡単になりましたね。

 

でも、例えば

・パチンコ店に初めて入ったら、何をどうしたらいいのかわからない

・お焼香の方法って宗派で違ったりするのかな?

・海外の入国審査では記入した入国カードを渡して

英語で質問されたことに英語で答えないといけない

 

とか、知っている人にとっては当たり前のことでも

その場になってはじめて「どうしたらいいの?」と思うことも。

(例えば・・・と上げましたが、

このブログを書いている者は、すべてその場になって迷ったことです。

常識、といわれても経験ないと、

知らないことすらわからないものですよね。ね?!)

 

前置きが長くなりましたが、

ここでは、おせっかいとは思いますが

いまさら聞けない「クルマの種類」について紹介したいと思います。

大まかな分類と思ってください。

 

燃料で分類すると

Hondaのクルマには、ガソリン車とハイブリッド車があります。

他にも、電気自動車(EV)、燃料電池自動車(FCV)もあります。

燃料電池自動車は水素で走る車で、水だけを出すという素晴らしい環境性能を持っています。ホンダにも燃料電池自動車「CLARITY FUEL CELL」があります。

形状や乗車できる人数で分類されるのは

  • ミニバン・・・乗車空間と荷物空間が一体となったクルマで、たくさん荷物を積むことができる、見た目は四角く背の高いものが多い種類です。最大で8名乗車できるクルマもあります。
  • コンパクト・・・ボディが小さく、排気量も小さいクルマ。狭い路地でもスイスイ運転でき、取り回りがいいのが特徴で日常の足としてとっても便利です。
  • セダン・・・大きな特徴は、乗車空間と荷物空間が別々になっているところ。乗る人の快適性を重視しているから、同乗者も快適!ビジネスでも多く使用されています。
  • スポーツ・・・運転を楽しむことを目的としたクルマ。コーナーをスムーズに曲がれ、スピードを上げても安定して走ることができます。デザイン的には、スタイリッシュで背の低いタイプが主流です。
  • SUV・・・スポーツ・ユーティリティー・ビークルの略で、スポーツ用多目的車のこと。最低地上高が高いのも特徴で、アウトドア派におすすめです。

ちなみに、SUV車といわれることもありますが、V=ビークル=クルマなので、

厳密にいうと、SUV車は(クルマを2回いうことになるので)間違い。SUVだけでOKです!

  • 軽自動車・・・エンジンの排気量は660cc以下で、コンパクトなクルマ。低燃費で税金も安く、維持費がかからないのも魅力です。
  • 商用車・・・荷物を積むことを目的にしたクルマです。

積めることを優先しているので、デザイン性が問われることは少なかったのですが、

機能性とデザインを両立させたN-VANが登場しました。

 

ホンダでは、この秋、SUVのCR-Vがデビュー!

7名乗車できるゆったりスペース、走りも爽快!とても魅力なクルマです♪

9月1日(今日!)、2日は決算Honda開催中ですので、この機会にぜひご来店ください。

#