セーフティードライブガイド・・・1

夜間の運転のヘッドライトについて

免許の更新のときや

Hondaのおクルマをご購入いただいたとき

ドライブガイドのようなものを受け取られることと思います。

 

お忙しく過ごされる毎日で

なかなか目を通す機会もすくないのではないでしょうか。

 

そこで、「知っておくと役に立つ」情報をまとめて

連載をしてみようと考えています。

 

第1回目は「ヘッドライト」についてです。

みなさん、ヘッドライトは

ロービーム、ハイビームの切り替えができることをご存知ですよね。

 

「そういえば、最近ハイビームで走った記憶がない」

という方も多いことでしょう。

夜間とはいえ、街中を走られるときは、ロービームでも十分安全が確保されているケースが多いので、使うタイミングがないのかも知れません。

 

また、これまで「ハイビームは迷惑になるので使わない」という

考えが主流だったようにも思います。そのため、

遠慮して見えにくいのに無理して

ロービームで走られている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかし、道路交通法によって

ロービームの使用を明確に規定されているケース以外では、

夜間の運転時には、障害物を見つけたら安全に停止できる速度で走り、

ハイ・ローのライト切り替えを積極的に活用して

事故を防止することが求められています。

 

見えにくいからといって対向車や歩行者などの迷惑も考えず、

常にハイビームで走行するのは危険です。

暗い夜道を走るときは安全対策として、ハイ・ローのライトをこまめに切り替えて

運転されることをお勧めします。

 

「カチャカチャ何度も切り替えていたら機械は壊れるんじゃない?」

といった心配は無用です。

切り替えて運転するように設計されていますので

安心して、カチャカチャ切り替えてください。

(遊びで切り替えたりはしないでくださいね)

 

また、最近では、対向車が来ると瞬時にロービームに替わるものや、

ハイビームでも対向車や先行者の部分だけを照らして眩惑しないよう抑制するものなど、

ハイビームを自動調整する次世代型ヘッドライトが登場しています。

「切り替えが煩わしい」と思われる方にはお勧めですね。

夕暮れ時から早めにヘッドライトを点灯し、

昼間より慎重な運転を心がけましょう。

※参照 本田技研工業株式会社 安全運転普及本部 発行/Honda セーフティドライビングガイド 

 

新車には「使えば便利」な機能がたくさんありますが

その機能を使われていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

『新車を買われたのにもったいない!』

 

と、弊社の中で思っている機能がたくさんあります。

おせっかいではありますが、こちらで随時紹介していきたいと考えています。

ご期待ください!

 

 

#