夢は大きく! 羽ばたくように

|

子どものころ「大人になったらなんになりたいか」

という質問をみなさんも、されたことはありませんか。

 

大人になった今、その夢をかなえた方はどれぐらい、いらっしゃるでしょうか。

 

Hondaは56年もの間、貫いてきた大きな夢が叶うときが見えてきました。

 

それは、国産軽飛行機をつくること。

 

そう、‘ホンダジェット’のことです。

 

ニュースでご存知の方もいらっしゃると思います。

四輪事業をはじめる前から、構想していた夢が現実=「カタチ」にして、

世界60カ国以上で発売され、数々の賞を受賞してきました。

その、‘ホンダジェット’が、いよいよ日本で発売がはじまります。

そもそも、なぜHondaは軽飛行機をつくろうとしたのか。

その理由を本田宗一郎のパートナー、藤澤武夫氏は、当時の社報で

 

「今、世界の飛行機はジェット機の方向に進んでいますが、

一方、100万馬力程度の軽飛行機が、現在自家用機として

アメリカや各国で必要な時代になってきています。

同時に、去年GPレースで世界一になって、若い人たちに

かなりの夢を与えた。

こんどは、若い人たちに、もういっぺん

空への夢を持たせようじゃないかということなんです」

 

と書いたそうです(Honda Magazine 2018 Summerより引用)。

 

常に時代の先を行く思想を持ち、そこから夢を実現してきたホンダ。

 

夢をかなえた人たちは、必ず「夢はかなう」といいます。

それは、きっと嘘ではなく、誰にも負けない努力を積み重ねてきたから

明言できることなのでしょうね。

 

なかなか道を究め、第一線で活躍することは誰にでもできることではありませんが、

コツコツ‘続けていくこと’は、きっと私たちもできると考えています。

時代の先を行くような大層な事はできませんが、

このホンダイズムに則り、Honda Cars 広島東 堀越店を

地域に愛されるお店にするために、さまざまなチャレンジを続けていきます!

COLUMN

#