クルマの利用方法にあったタイヤを選びましょう

|

みなさん、突然ですがタイヤのことをご存知ですか?

ざっくりいうと「クルマを走らせる、4つ車輪にはめるゴム製の輪」のことです。

見た事の無い人はほとんど居ないほど、よ~く知られたものですよね。

では、買い換えるとなったら、何を基準に選ばれていますか?

 

サイズに合う安いもの?

それとも、ディーラーにお任せ?

 

勧められるがまま購入する前に、

タイヤにはどんな性能があるのか、知っていてソンはないと思いますよ。

 

今回紹介するのは、‘サマータイヤ’についてです。

(冬用=スタットレスを除きます)

 

タイヤは、「走る」「止まる」「曲がる」といった基本性能のほかに、クルマを「支え」、ショックを「緩和」するといった役目を担っています。また、安心して乗り続けるには、優れた耐摩耗性、劣化に強いことも大切な性能です。

 

ここで、もう一つ質問です。

あなたは、どんなクルマをどのように利用していますか?

 

ハイブリッドのようにエコカーに乗っている方は、エコタイヤ(低燃費タイヤ)を選ぶべきでしょう。

転がるときの抵抗を少なくしたタイヤで、最近の売れ筋タイヤです。

スポーツカータイプで、走りを楽しみたい方はグリップ力の高いスポーツタイヤを。静かで快適な乗り心地重視の高級車に乗っている方は、コンフォートタイヤ。4WD・SUVなら、オフロードはもちろん、オンロードも走りやすい、静かでふらつきを抑えた安定性の高いタイヤを、街乗り中心の方は、安全性を重視した雨や磨耗に強いタイヤが人気です。ランフラットタイヤは、パンクしてもしばらく走り続けることができる性能を持っています。

 

安さを重視してタイヤを選ばれるのもいいですが、

せっかくエコカーに乗っているのに、転がり抵抗のランクが低いタイヤにしていると燃費が落ちることも。

年式の古いタイヤは、いくら新品でも、

どうしても新しく製造されたタイヤよりも劣化しているので、それも加味して選ぶようにしてみてください。

 

ここで紹介したのは、「タイヤの基本性能」です。

各メーカーで、いろんな性能を併せ持つタイヤがたくさん出ていますので、

お店でクルマの乗り方もキチンと伝えて、

ご自身にあったタイヤをしっかり選んでみてください。

また、弊社には、タイヤの専門知識を持ったフロントマンや営業がおります。

まだ使えるものは使わないと、もったいないですよね。

「これはもう換えどきかしら」

というところから、お気軽にご相談ください。

COLUMN

#