K.ギャラリーより、画家・小笠原忠弘氏をご紹介します

|

Honda Cars 広島東 堀越店の「K.ギャラリー」で展示している

モダンアート画家の小笠原氏は、広島県呉市生まれ。

広島県下の高等学校等で教鞭をとる傍ら、作品を作り続け、2006年9月に亡くなられるまでに400点以上の作品を世に送り出されました。

 

小笠原氏は、ご自身のことを

「取るに足りない卑小な存在である‘ボーフラ’」と称していたそうですが、

作品作りに命をかけながら、美への到達を目指し続けた気概を持った画家です。

 

留学経験のあるスペインの文化と風土を愛し、日本の静謐な伝統美との融合を模索して

生涯にわたり、独自の作風を求め続けました。

 

静としていながらも、熱を帯びているような、小笠原忠弘氏の唯一無二の作品たち。

 

大小10点弱の作品を展示しておりますので

ぜひこの機会に、現代美術の魅力と触れ合ってみてください。

COLUMN

#